review

女子高生のテロ! 戯曲『六本木少女地獄』のわけがわからないよ

女子高生のテロ! 戯曲『六本木少女地獄』のわけがわからないよ
『原くくる処女戯曲集 六本木少女地獄』原 くくる (著)、 竹 (著) /講談社<br />パンク演劇集団、六本木高校演劇部の脚本を書いた18歳の女子高生、原くくるの才能がすごい。その名も「六本木少女地獄」。ライトなネタを武器にしながら見ている人の心に爆弾を置き去る鬱屈テロリスト。表紙は「クビキリサイクル」などのイラストを描いていた竹によるもの。ビビッドで攻撃的な作品群をしかと見よ。
東京都の高等学校演劇大会で優勝して、その後も賞取りまくったという作品がこの『原くくる処女戯曲集 六本木少女地獄』
実際に演じていた演劇部の名前は『演劇集団ギロッポンズルヒー美男美女肉食桃源郷』。
あら、パンクね!
本には5本の戯曲が収録されています。
一作目は3人しかいなかった高校演劇部で演じるために描いた、女の子三人が一人の少年を奪い合うドタバタ活劇『うわさのタカシ』。うん、面白い。わかりやすい。
ネギで殴り合うというのは映像的に頭に浮かぶし、ヤンデレっぽい展開も楽しい。
途中少女達が「タカシとヤった」という話題になった瞬間、妙な生々しさを感じてギクッとなりましたが、まあシンプルで面白かったです。

で、問題の受賞作品、『六本木少女地獄』。
ある程度身構えて一読して、驚愕。
わ、わけがわからない……。
かなり重そうでアングラ的な話の割に、腰が抜ける様なライトなギャグも多い。
架空のスポーツのシーンはめちゃくちゃすぎて、笑うところなのか真剣に見るところなのかわからないどっちだ!
(実はこんなスポーツが登場するのにも理由があるのですが。)

本作品集は一度高校中退し、現在は六本木高校(チャレンジスクール)在学中の18歳女子高生の原くくるが自分達で演じるために描いた戯曲集です。
名前からしていいですね。腹くくっちゃいますか。
「パンク集団」を名乗る彼女たちの演劇活動は極めてテロ的。
「公序良俗に反した演劇」と自ら言っているように、『六本木少女地獄』では、高校生演劇大会で演じたら問題になりそうなシーンも多々あります。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2011年9月8日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。