bit

国内の二大ワイン産地に行ってきた!

国内の二大ワイン産地に行ってきた!
建物もワイナリーごとに特色があり、楽しみ方の一つ。
近年、ワイナリー巡りが人気だ。造り手から直接話を聞き、試飲や見学などを通して風土・文化にふれるワインツーリズムに注目が集まっている。国内で代表的なワイン産地といえば長野県の塩尻。そして山梨県の勝沼。そこで早速この二つの産地を巡ってきた。
まずやって来たのが長野県。塩尻市桔梗ヶ原周辺には合わせて8つのワイナリーが集まっている。なぜワイン生産が盛んになったのか?
 
そもそも桔梗ヶ原は火山灰土壌で冬の寒さも厳しく、農業には不向きで明治の初め頃までは原野が広がっていたそうだ。ところが、明治23年から農業の可能性をさぐるべく果樹栽培が試されるようになった。結果、ブドウではアメリカ系白ブドウのナイアガラと赤ブドウのコンコードの栽培が向いていることが分かり広まった。それが現在のワイン産地の基礎となる。また最近ではメルロー(赤)の生産も多く、長野ワインを代表する品種となっている。そして現在、長野県ではワイン(およびその他農産物)の品質管理を図るため、フランスのAOC(原産地呼称制度)にならいNAC(長野県原産地呼称管理制度)を定めている。

「農産物の原料や栽培方法、飼育方法、味覚による区別化を行い、『長野県で生産・製造されたもの』を自信と責任を持って消費者にアピール、消費者の信頼を得ながら生産者の生産意欲をさらに醸成し、長野県農産物のブランド化を目指します」(長野県庁)

ちなみに、現地ワイナリー数軒で試飲したNAC認定のワインはどれも優しく繊細な味。川魚など地元の味とも相性は抜群。和食によく合うワインになっていた。

あわせて読みたい

  • 現地発! トルコで新たなワインの味に出合った

    現地発! トルコで新たなワインの味に出合った

  • 本場で“神の雫”を体験! 高級ワインの現場をルポ

    本場で“神の雫”を体験! 高級ワインの現場をルポ

  • コネタの記事をもっと見る 2011年9月28日のコネタ記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    > 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

    コネタニュースアクセスランキング

    コネタランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    新着キーワード一覧

    コネタとは?

    B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

    その他のオリジナルニュース