review

人間は震災のたびに何度も立ち上がってきた。出久根達郎『大江戸ぐらり』

人間は震災のたびに何度も立ち上がってきた。出久根達郎『大江戸ぐらり』
『大江戸ぐらり 安政大地震人情ばなし/出久根達郎』(2011年8月5日発行/実業之日本社) 元版では、第二部の最後に「千三屋──あとがきにかえて」というエピソードを入れ、そこで「この本は著者の創作ではなく友人から提供された資料を元に書かれたものである」というジョークを書いておいたところ、それを真に受けた読者から「出版信義にもとる行為」と避難されてしまったという。そこで、今回の文庫化でふたたび誤解されることを恐れた著者が、あらかじめ誤解を解くための不本意な「文庫版あとがき」をつけているのが……とても微笑ましい。
新刊が出たと聞けば、内容の如何に関わらずとりあえず買ってしまう作家が5人ほどいる。そのうちの一人、出久根達郎の新刊が出た。
『大江戸ぐらり 安政大地震人情ばなし』と題するこの本は、2007年に単行本として刊行された『ぐらり! 大江戸烈震録』を改題し、文庫化したものだ。

出久根達郎という人物、中学を卒業後に集団就職で上京し、月島の古書店に勤めた。そこで古本屋としての修行をしたのち、独立して杉並区高円寺に「芳雅堂」を開店した。出久根は古書店を営むかたわら執筆活動にも力を注ぎ、1993年に『佃島ふたり書房』で第108回直木賞を受賞した。つまり、本を商うことと、文学を生み出すこと、書物というもののふたつの側面を共に味わった希有な人物でもある。

おもに、長年商いとして関わってきた古書にまつわるエッセイを得意としているが、それ以外にも『御書物同心日記』『抜け参り薬草旅』など、時代小説の名手でもある。そんな達郎(親しみを込めてタツローと呼びたい!)が、安政二年に関東地方南部で発生したマグニチュード6.9の大地震を題材に描いた連作小説が、この『大江戸ぐらり』だ。

東北地方が未曾有の大震災に襲われてから、まだ間もない時期にこんなことを言うのもなんだが、昔から大災害というのは、エンターテインメントの題材として、度々採り上げられてきた。とくに日本列島は、地震大国として世界中から畏れおののかれているという現実がある。そりゃあ、地震小説のひとつやふたつ、書かれていてもおかしくない。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2011年9月28日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。