review

原田の大ジャンプ、北島の決勝! 歴代スポーツ名場面はどう語られたか『あの実況がすごかった』

プロ野球はいよいよクライマックスシリーズがはじまり、Jリーグも混戦のままシーズン終盤をむかえる。16年ぶりの日本開催となる世界体操は団体・個人ともメダル確実と言われ、F1鈴鹿グランプリや秋のG1戦線などレース系も目白押しだ。
10月ー。それはスポーツファンにとって最も楽しく忙しい季節。「もう、どっから見りゃいいんだよっ」とお悩みの方も結構いるはず。できればスタジアムで生観戦!といきたいけれど全部は無理だから家でもテレビ観戦をハシゴ、なんてこともまたスポーツの楽しみ方のひとつだ。でも実はテレビ観戦の方が面白い場合って多くないですか?
生のスポーツ観戦とテレビ観戦の一番の違いは「実況アナウンサー」がいるかどうか。プレーの細かい描写だけでなく選手の裏エピソードなども織り込みながら、スポーツの奥深い一面をさらに掘り下げてくれる実況アナウンサー。その言葉の数々がどのようにして生まれるのか、という背景に迫った本が『あの実況がすごかった』だ。

長野五輪、スキー原田の大ジャンプ
アテネ五輪、北島康介の平泳ぎ決勝
杉本清アナの数々の競馬実況 etc.

本書ではこれらをはじめとした歴代のスポーツ名場面が「実況アナウンサーの言葉」で再現されている。文字に起こされた名文句の数々を音読するだけで、脳裏にはいつか見た名シーンが自然とリプレイされていく。これだけでも十分なエンターテイメントだ。だが、この本は過去の名実況を並べただけではないのがすばらしい。なぜその実況が生まれたのか、その背景までも含めた「スポーツ中継の魅力」に迫った一冊と言える。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る
お買いものリンク