bit

“撮影ボランティア”を日本の文化に

“撮影ボランティア”を日本の文化に
「良かったら、撮りましょうか?」、カメラ撮影を買ってでた。
昔から、コントでよく見る風景。有名人が町を歩いていると、通りすがりの人に「スミマセン、写真お願いします!」と呼び止められ、その申し出を快諾。ポーズを取って待ち構えるも、スッとカメラを渡されて「なんだ、俺が撮る方だったのか……」と赤面するくだりのヤツ。
定番の流れではあるが、個人的には好きなシチュエーションだ。

何で急にこんなことを思い出したかというと、ある普及活動に取り組んでいる人を発見したから。2009年、ヒッチハイクによる日本一周を達成した米田真介さんが目指しているのは、「撮影ボランティアを日本の文化にしよう!」という試み。

「撮影ボランティア」とは、何か? 例えば、旅先などで記念撮影をする際。当然、1人は撮影する側に回らなければならない。ということは、カメラ担当の1人は写真に収まることがかなわないわけだ。そこに「良ければ撮りましょうか?」と声をかけてあげる……。なんてことをしながら、米田さんは日本一周旅行をしていたそうなのだ。

それにしても、何を発端にして「撮影ボランティア」を?
「高校2年生の時に、ゲーム『FinalFantasy X』でとめどない涙を流し、『500万人泣かせる』という夢を持つようになりました。そのために何が必要かと考えた結果、まずは『ほんのちょっと良いことをしながら、日本一周しよう』と思うようになったんです」(米田さん)

そこから「撮影ボランティア」に至る経緯は、ドラマだ。米田さんが淡路島に遊びに行った際。記念写真を撮ろうと、友人に向けたカメラのシャッターを押そうとした、その瞬間。

あわせて読みたい

Excite Bit コネタの記事をもっと見る 2011年10月19日のコネタ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース