bit

フランスで日本のチョコレートが高評価!

フランスで日本のチョコレートが高評価!
会場内に展示されたチョコレート製の凱旋門。
世界のパティシエ、ショコラティエが集まるチョコレートの見本市、「サロン・デュ・ショコラ」。日本では、東京の伊勢丹新宿店で2003年にはじまって以来、毎年1月下旬に催されているが、本家のパリでは、毎年10月下旬に5日間に渡り開かれている。およそ200人の世界的シェフ・パティシエが参加し、約1万2000平方メートルの広さの会場で美食の街パリのイメージそのままに、盛大に開催されるのだ。毎年話題のチョコレートが様々披露されるが、今年のトレンドはどのようなものなのか? 今年10月20日から24日まで開催された本場パリの様子を紹介する。

今回で17回目を迎えたサロン・デュ・ショコラでは、いつも以上に日本人パティシエと和のテイストに注目が集まった。例えば、今回初出展した「エス コヤマ」。オーナーシェフの小山進氏は、海外経験を持たない日本人パティシエとしては初めての参加となった。加えて今回、外国人最優秀賞を受賞。さらにフランスで最も権威あるチョコレート愛好会「CCC(Club des Croqueurs de Chocolat)」の品評会にて、最高位の5タブレットも獲得。初参加にして堂々たる活躍を見せた。会場内のブースで、みそ風味のチョコレートを試食したところ、食前の予想を裏切り、見事なマリアージュとなっていた。

パリにおける日本人パティシエの代名詞、青木定治氏の「サダハルアオキ」のブースもいつも通りの盛況ぶりだ。今回ショコラティエとして最高位の賞、アワードを受けたことに加え、こちらも5タブレットを獲得。昨年から引き続き、大判焼きのあんをマカロン置き換えた「東京マカロン焼き」の実演販売が、フランス人の好奇の的になっていた。

あわせて読みたい

  • アカデミー賞の“お土産チョコ”を手がけた日本人女性

    アカデミー賞の“お土産チョコ”を手がけた日本人女性

  • コネタの記事をもっと見る 2011年10月29日のコネタ記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

    コネタニュースアクセスランキング

    コネタランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    新着キーワード一覧

    コネタとは?

    B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

    その他のオリジナルニュース