bit

駅・コンビニ近! 三銃士の自宅住所とは

駅・コンビニ近! 三銃士の自宅住所とは
実際のフォッソワイユール通り11番地。本物のダルタニアンも小説と同じ通りに住んでいた。
日本で10月28日から映画『三銃士 王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船』が公開された。原作はフランス人作家、アレクサンドル・デュマの小説『三銃士』。銃士になるべくパリへ上京した主人公ダルタニアンがアトス、アラミス、ポルトスの三銃士と出会いストーリーは進んでいくのだが、じつはダルタニアンが実在した人物ということをご存知だろうか。

実際、古い建物が多く現存するパリには、彼が約400年前に住んでいた通りが残っており、架空の他の三銃士含め、彼らのおおよその住所は小説内に記されている。そこで、早速その住所を訪れて周辺の不動産状況を調査。もし現在彼らがパリで暮らしていたら、どの様な生活なのか。家賃は? 最寄り駅から何分? コンビニは近く? 現地を歩きつつ住み心地を調べてみた。

まずは訪れたのはダルタニアン宅。小説の住所はフォッソワイユール通り(現在のセルヴァンドーニ通り)11番地となっている。賃貸情報を調べてみると、パリ6区で一人暮らしの場合、家賃は広さ20平方メートル以下で月900ユーロ(約9万5千円)くらいから。最寄り駅は徒歩7分の地下鉄4番線「サン・シュルピス」。駅近だ。またバス利用の場合は徒歩2分でバス停に着く。スーパーまでは徒歩5分。コンビニ(ただし日本の様に24時間営業ではない)は徒歩5分。残念ながらファミレスは近くにないが、少し歩けば飲食店が集まる地区なので問題なし。スタバは徒歩7分。ラーメン屋の代わりに、そば屋が徒歩7分。食生活は便利そうだ。レンタルビデオ店は少々遠くて徒歩12分。銃士的に運動不足かなと思った時は市民プールが徒歩3分だし、すぐ近くにはリュクサンブール宮殿が建つ大きな公園もあるので、皇居ランならぬ宮殿ランもOKだ。

あわせて読みたい

  • ヴィッテルでヴィッテルを汲んでみた

    ヴィッテルでヴィッテルを汲んでみた

  • コネタの記事をもっと見る 2011年10月30日のコネタ記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

    コネタニュースアクセスランキング

    コネタランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    新着キーワード一覧

    コネタとは?

    B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

    その他のオリジナルニュース