bit

現代の結婚式は、“みんな”が主役のきずな婚

現代の結婚式は、“みんな”が主役のきずな婚
今を象徴する演出「ベールダウン」。
以前、「自分の妻や夫をどう呼んでいるのか」「結婚式の演出費用」についての記事をお送りしたことがある。
実は上記の2つの記事の根拠となるデータを集計してくれたのは、株式会社リクルートの「ブライダル総研」であった。
そして今回は、同社が発行する『ゼクシィ』が主催となって10月19日にある記者発表会が行われている。昨年の4月から今年の3月31日までに結婚したカップルの結婚スタイル(首都圏)の詳細をまとめた「結婚トレンド調査2011」の発表会が開催されたのだ。ここで披露された内容がまたしても興味深かったので、皆さんにもお伝えさせていただきたいと思います!

まず、パッと目につくのは挙式・披露宴にかける総額が増加傾向になっているということ。2011年の平均額は356.7万円で、昨年(336.5万円)より20.2万円も増加している。ここ5年で見てみると、2006年(312.2万円)より約45万円も増加していることになる。
じゃあ、具体的に何にかける費用が増加しているのか? データを見ると、5年前と比較して招待客人数が増えているわけではない。そこで気になるのが「招待客1人あたりの費用」ではないだろうか。こちらに関しては今年の平均額が5.9万円で、2006年(5.0万円)に比べると増加傾向にあることがわかる。
では、1人あたりの費用の一番多くをかけているのは? それは、何と言っても「料理と飲み物」でしょう! この部分の式全体における平均額が、ここ5年で10万円増加しているという集計が実際に取れている。近年、ずっと顕著な「感謝の気持ち」や「おもてなし志向」が一番表しやすいポイントは、まさに「料理と飲み物」なのだ。

あわせて読みたい

  • 披露宴にかける演出費用は、いかほど?

    披露宴にかける演出費用は、いかほど?

  • コネタの記事をもっと見る 2011年10月31日のコネタ記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

    コネタニュースアクセスランキング

    コネタランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    新着キーワード一覧

    コネタとは?

    B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

    その他のオリジナルニュース