review

中学生がベストな年齢〈映画「スイートプリキュア♪」制作者インタビュー3 梅澤淳稔プロデューサー後編〉

――マーケティングを。
梅澤 徹底的にね。子どもたちの好きなものを全部取り込んでみようと「フレッシュ」ではプリキュアたちにダンスをやらせた。ダンスの振付は「デジモンセイバーズ」で知り合った前田健さんにお願いしようと、まっさきに声をかけたんです。まだスタッフもなにも決まっていないのに(笑)。
――そうなんですか。「フレッシュ」は梅澤さんと前田さんふたりでスタートしたんですね。
梅澤 そしてほかのキャラクター、キュアベリー・蒼乃美希はファッションモデル、キュアパイン・山吹祈里は動物病院。あと、商店街を舞台にして花屋さんやパン屋さんを盛り込んでいった。
――梅澤さんの「プリキュア」はストーリーの途中でプリキュアが追加されるのが特徴的ですよね。「フレッシュ」では敵キャラクターだったイースがキュアパッションになりました。
梅澤 途中から現れるプリキュアは、「プリキュア」でやろうとしているテーマにとても効果的に反映できるんです。「フレッシュ」は「幸せとはなにか」というテーマがある。プリキュアと敵組織ラビリンスが思う幸せは違う。どちらが悪いということではないんですけど、ラビリンスは人を不幸にしている、行為は悪いんです。その狭間で「幸せとはなんだろう?」ともがく人間が必要だったんです。それがイースであり、キュアパッション。
――テーマからキャラクターが生まれているから、物語の展開に合わせて、自然と追加キャラクターがでてくるんですね。これは絶対やめようというか、守っていたことってありますか?...続きを読む

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る 2011年11月4日のレビュー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース