bit

名古屋名物の台湾ラーメンとは

名古屋名物の台湾ラーメンとは
この辛さが食欲をそそる! 
       
名古屋人にとって麺といえば味噌煮込みうどん、きしめん、スガキヤラーメン、そして台湾ラーメンの4品。名古屋人はこれら食文化の存在を疑うことなく育つのだが、他県の人によれば、なぜ台湾ラーメンが名古屋名物なのか腑に落ちないらしい。中国人の友人が日本を訪れて名古屋名物を聞いてきた際も、「台湾ラーメンだね」と答えたら同じツッコミが返ってきた。

確かに他県のご当地ラーメンの場合、「とんこつ」や「札幌」等、味の特徴や自らの地名を冠しているものはあるが、よその地名を地元の味として銘柄化している例は珍しい。なぜ名古屋なのに“台湾”なのか? また、台湾ラーメンとはどのような味なのか? 名古屋出身のご当地ライターが、台湾ラーメンを再確認してみた。

訪れた店は、名古屋市千種区にある「味仙」という台湾料理屋。そもそも台湾ラーメンとは、この味仙が台湾の担仔(タンツー)麺を元に考案したものなのだ。本来はまかない用のメニューで、台湾人が作ったから台湾ラーメンというシンプルなネーミングになったらしい。ラーメンの内容はというと、唐辛子が多く使われた激辛の鶏ガラスープをベースに、麺の上には炒めたひき肉とニラが乗っている。どんぶりの大きさは通常のラーメンより小ぶり。元になった担仔麺はこのような激辛ではないため、味は本来のものと異なっているが、容器の大きさは踏襲しているようだ。ちなみに、少し量が足りない場合は「台湾ちまき」を一緒に注文してもいい。また唐辛子が苦手の人には、辛さを抑えた「台湾ラーメンアメリカン」というメニューもある。

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「名古屋名物の台湾ラーメンとは」の みんなの反応 1
  • アクア 通報

    とても辛そうで、美味しそうですね!

    0
この記事にコメントする

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2011年11月13日のコネタ記事

キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。