bit

機内食メニュー考案にかかる時間は?

機内食メニュー考案にかかる時間は?
準備に1年、提供は2ヶ月だけの機内食メニュー
空の旅の快適さを左右する要素はいろいろあるが、機内食もそのひとつ。最近は、ミシュランシェフが考案する料理やその国のご当地メニューなどバラエティ豊かで、各航空会社のこだわりがよくわかる。

ただ、以前コネタでも紹介したように、機内食づくりには何かと苦労も多い。機内では使える食材や量、食器の形状などに制限があるうえ、地上で作った料理を機内で温め直すという特殊な工程もある。地上で考案したメニューを機内でも忠実に再現するためには考慮すべきことが山ほどあるのだ。

ルフトハンザ ドイツ航空(以下、ルフトハンザ)では、世界の著名シェフがビジネス・ファーストクラスの機内食を監修するプログラム「スターシェフ」が好評だ。ドイツ発便では2ヶ月毎にシェフが変わり、日本発便でも提携ホテルのシェフのよって2ヶ月毎にメニューが変更されている。

こう頻繁に変わると、機内食メニューって案外簡単に決まるのかと思う人もいるかもしれないが、なんと同社では、シェフを決めるところから機内食メニューを最終決定するまでに1年以上もかけているというから驚きだ。

ちょうど今年の11月1日より、日本発便の機内食も一新され、成田・中部発便では「ザ・ペニンシュラ東京」と提携をスタート。同ホテルのアダム・マティス総料理長が考案する洋食と児島輝幸料理長による和食が提供されている。児島さんによれば、最初にルフトハンザから話がきたのが、昨年10月だったというから、まさに一年がかりの話だ。

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2011年11月10日のコネタ記事

キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。