bit

九州発の日本酒“七田”

九州発の日本酒“七田”
『名水と、蛍の里に盟主あり』……七田/天山のお酒を10種類をじっくりと味わうことのできる会でした。
九州といえば、焼酎のイメージが強い。だけれども、実は、日本酒もとっても美味しいことをご存知だろうか? 『名水と、蛍の里に盟主あり』というキャッチに引きつけられる酒蔵。佐賀県にある天山酒造がつくる『七田/天山』。この『七田/天山』の会が、東京で開催された。

会場となったのは、京浜東北線の大森駅から徒歩2分ほどの場所にある日本酒のお店・吟吟。吟吟は、月に数回、蔵元が開かれており、今回で144回目。日本酒の作り手と近い、とても希少なお店である。

さて、今回は、天山酒造の六代目蔵元・七田謙介さんを囲みながら、10種類の天山酒造の造る日本酒を頂いた。

このお酒のポイントの一つは、“お水”。
「お酒よりも、仕込み水が一番美味しいです」と、七田さんが冗談を飛ばしていたが、とっても綺麗なお水でできているのを感じ取ることのできる味わい。

「酒蔵の前を流れる祇園川は、天山山系の水集める清流で、源氏ボタルの発祥の地とも言われています。5月の下旬~6月上旬になると、10万匹もの蛍が飛び交います。自称、蛍の日本一の街。林の中で無数の蛍が光、初夏のクリスマスのような幻想的な雰囲気を作り出します」
このように七田さんは語る。本当に自然が豊かな場所で造られている日本酒。ちなみに、同じ水系の清水の滝は、日本の名水百選にも指定されている。

もう一つのポイントは、“お米”。
酒米も、主に佐賀県産の良質な酒米を使用。酒造好適米の代表とも言われる山田錦に関しても、地元の農家と直接契約栽培。“天山酒米栽培研究会”も開催しており、十数件の農家とどうしたら美味しいお米をになるかを研究しているという。

あわせて読みたい

  • 被災地の日本酒を飲んで、復興支援!

    被災地の日本酒を飲んで、復興支援!

  • 前田智徳選手が七福神になったカープこも樽

    前田智徳選手が七福神になったカープこも樽

  • コネタの記事をもっと見る 2011年11月16日のコネタ記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

    コネタニュースアクセスランキング

    コネタランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    新着キーワード一覧

    コネタとは?

    B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

    その他のオリジナルニュース