bit

海底で読める『海底2万マイル』

海底で読める『海底2万マイル』
水中に『海底2万マイル』
昔から、よく見る夢がある。それは「住んでいる世界が、全て水の中」という、シュールなシチュエーションの夢。職場にも学校にも、泳いで行く。そして、水中で仕事や勉強を。
恐らく、私が少年時代にスイミングスクールに通っていた経験が影響しているのだろう。手前味噌極まりないですが。

そんな私には、この本が非常にありがたい。エス株式会社から、9月より『海底2万マイル海底版』が発売されているのだ。
皆さん、『海底2万マイル』という作品は御存知でしょうか? これは、フランスの作家ジュール・ヴェルヌが1870年に発表した小説。海を舞台とした、SF冒険ものの金字塔である。
この名作を、海底で読んでみたくないか? 『海底2万マイル』だけに。そんな夢を現実にしたのが、今回の『海底2万マイル海底版』である。要するに、水中(海底)で読める本が開発されたのだ。

それにしても、なんでこんな本を作ろうと思ったのだろう?
「『ストーンペーパー』という、木材(パルプ)を一切使わず作られた、濡れても破れない紙の情報を入手しました。そこから、この本の製作を思いついたんです」(同社・担当者)
ただ、紆余曲折もあったという。「濡れる」から連想し、他の作品の製作を考えた過去があるのだ。例えば、雨に濡れても大丈夫な宮沢賢治の『雨ニモマケズ』とか……。

でも、結局は『海底2万マイル』に落ち着いた。何しろ、“雨”よりもたくさん濡れる場所は“海”、それも海底なのだから。

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る 2011年11月25日のコネタ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース