bit

パリ市内で栽培・醸造された希少なワインとは

       
ワインの産地として有名なフランス。ただしそれは地方の話で、市街化されたパリにおいてはワイン生産は無縁だと思うかもしれない。ところが、いまだ市内にはブドウ畑が残っており、そこで収穫されたブドウを用いたワイン生産は細々と続いている。一体、パリワインとはどのようなものなのだろうか? 今では希少なパリのワイン醸造事情について聞いてきた。

訪れたのはパリ北部のモンマルトルという地区。かつて多くのブドウ畑がこの一帯に広がっていたという。今ではその名残はほとんどないが、かろうじて現在もワイン用ブドウを栽培している畑がある。

約1550平方メートルの敷地に植えられた品種は赤ワイン用のガメイやピノ・ノワール等。およそ2千株が植わっている。この畑で収穫されたブドウは区役所内にある地下貯蔵庫で仕込まれるそうだ。生産量は約500リットル、ボトルにして約1000本と数は限られている。そのため値段は1本40ユーロ(約4,150円)。フランスの一般的な小売店で売られている普段使いのワインが10ユーロ(約1,040円)前後、安価なものは2ユーロ(約208円)前後で売られていることに比べると、決して安くない値段だ。

今では珍しいパリワインだが、かつてはそれなりに知名度もあったという。パリを含む地域で造られていたワインとは、どのようなものだったのだろうか? 市内西部パッシー地区にあるパリワイン博物館でうかがった。
「中世の頃、パリを含む地域は美味しい白ワインが造られることで有名でした。しかし、現在ではそのほとんどが消えてしまいました。ただし1960年頃から、以前の栄光を取り戻そうと個人や市町村で再びブドウ栽培を始めたところもあります」

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

おもしろニュース

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2011年11月26日のコネタ記事

キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。