bit

なぜ戦前の日本語は「きょう」が「けふ」になるのか

       
押井さんによると、「必ずしも発音通りではなく、文法規則や言葉の意味によって仮名を選ぶ」とか、「書き言葉の規則は平安時代の文献を手本とする」といった暗黙の了解が日本語として自然に生まれていたそうだ。

例)
行こう
「行コー」は「行こー」「行こお」「行こう」とも書けるが、書き言葉の規則を使うと「行かう」と書く。

平安時代からの書き言葉の規則が、戦前まで使用されていたということらしい。
しかし、明治時代から海外文化や技術が入るようになった日本では、扱いにくい漢字を廃止しローマ字やかな文字のスタイルを主流にしよう、という運動が活発に行われたそうだ。

「そのため、発音をそのまま表す、表音的仮名遣いを採用しようという声が高まりました。しかし、ただ音をそのまま表すと、『私は』を『私わ』、『ここへ』を『ここえ』、『それを』を『それお』、『言ふ』を『ゆう』と書かないといけません。これには根強い抵抗感があったため、表音的仮名遣いを取り入れながらも一部に歴史的仮名遣いの規則を残した『現代かなづかい』が昭和21年に国語審議会により告示されました」(押井さん)

耳に聞こえた通りのひらがなを使うと、これまた読みにくいし非常に不自然な日本語になってしまう。
小さい「ゃ、ゅ、ょ、っ」も、発音の分かりやすさを重視するために登場したようだ。(押井さん談)
「音に近い書き文字」が目指されることにより、戦後になってようやく現在の私たちが使う、『使いやすい』日本語の形になったと言えるのかもしれない。

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

おもしろニュース

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2011年11月29日のコネタ記事

キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。