bit

香港のめでたい金色の珍名所とは

香港のめでたい金色の珍名所とは
香港人いわく「どちらかといえば日本的だよね」という像。日本のイメージとは一体!?
香港郊外の新界という地域に、黄金に輝く一万体もの仏像がずらりと並ぶ「萬仏寺」という寺がある。金の仏像は参道から山の上にある本堂まで続き、あまりの派手さから香港を代表する“珍名所”と日本人観光客の間では噂されているそうだ。早速、真相を確かめるため現場に急行。調べてきた。

最寄り駅は香港鉄路東鉄線の「沙田」駅。改札口を抜けて5分ほど歩くと参道入口に着く。そこから本堂までは約15分の坂道だ。境内に入ると、噂通り黄金色の仏像が上へと連なっている。これら仏像は五百羅漢像と呼ばれる釈迦の弟子たち。日本の寺でもポピュラーなもので、一体一体異なった表情をしているため、自分と似た像を必ず見つけることができると言われる。ただし、萬仏寺の場合はその表情と仕草が特にユニーク! これでもかと珍名所の空気を、参拝客に見せつけてくるのだ。

実際訪れてみると、マニア受けするような名所というより、欧米や東南アジアからの観光客も多く、普通にツーリスティックな雰囲気だった。年齢層も若者が多い。なぜ、日本人的には珍名所に思える寺が、一般の外国人観光客を集めているのだろうか? また、欧米人にとって萬仏寺はどのような位置づけなのか? そこで海外のガイドブックに注目してみた。

この萬仏寺、『地球の歩き方』の香港2011~12年版ではさらりと触れられている程度だが、『ロンリープラネット』等の海外ガイドブックには、しっかりした解説が載っている。今回参考にしたのは、フランスの旅行ガイドブック『ミシュラン』の香港2011年版。ミシュランといえばレストランガイドが有名だが、通常の旅行ガイドブックも発行している。ご存知の通り、各スポットを「星なし」「一つ星」「二つ星」「三つ星」の四段階で表している。

あわせて読みたい

  • 香港で聞いた、マクドナルドで結婚式挙げちゃう?

    香港で聞いた、マクドナルドで結婚式挙げちゃう?

  • コネタの記事をもっと見る 2011年12月17日のコネタ記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

    コネタニュースアクセスランキング

    コネタランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    新着キーワード一覧

    コネタとは?

    B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

    その他のオリジナルニュース

    通知(Web Push)について

    Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら