bit

SNSや会員制コミュニティがあちこち「連携」、どう使う?

SNSや会員制コミュニティがあちこち「連携」、どう使う?
日本最大のSNSサイトmixi
SNS(ソーシャルネットワークサービス)が私たちの生活に身近なものになって久しいこん日。
mixiやFacebookなどのSNSサービス、140字でつぶやきを発信するTwitter、動画サービスのYouTubeやニコニコ動画など、多くのWEBサービスが誰でも気軽に利用できて人気だ。
プライベートだけで楽しむ人もいれば、仕事の関係上サービスを利用する人もいる。最近では、会社全体でサービス利用を推進、なんてところもあるらしい。

その各サービス、元々はお互いユーザーの獲得にせめぎ合っていたはずだが、最近はどこもかしこも「連携」し合っている。
例えば一部を挙げると、“TwitterでつぶやいたことがmixiやFacebookにも配信できる”、“YoutTubeの動画についてコメントをしたら、FacebookやTwitterにもいつの間にか流れている”など。
もちろん「連携する」を設定をしたのは自分なのだが、最初に別のサービスに発信したはずのコメントを他のサービスで見たときは一瞬驚いた。
現在は多くのブログサービスでも「連携」を設定することができ、ブログに記事を書いたらTwitterやSNSで更新情報が流れる。

「連携」は今や各サービスを繋ぐ重要なもの。でも、元は各サービス同士、ユーザーをめぐるライバルである。各サービス会社は、ライバルとの「連携」をどのように見ているのだろうか。
日本の元祖SNSサービス、mixiを運営する株式会社ミクシィの広報グループ担当者に、「WEBサービスがどれもこれも連携されるようになった経緯は何でしょうか?」と聞いてみた。

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2011年12月16日のコネタ記事

キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。