bit

時代の流れに対応した、新しい母子手帳が好評

最近、周囲の同世代がガンガン結婚していく。そして、次に訪れるのは出産ラッシュ。何とも喜ばしい限りだが、それと同時に苦労もやってくるのだろうな……。
さて、我が子ができたら真っ先に必要なのは何か? たくさんありそうだが、その中の一つに「母子手帳」が挙げられるだろう。
実は、この母子手帳の“新しいカタチ”が生まれている。博報堂生活総合研究所が今年の3月に完成させたのは『新・母子健康手帳(通称:親子健康手帳)』。

今年4月の「島根県海士町」と「栃木県茂木町」での採用を皮切りに、現在では34自治体で使用されているという、この新しい母子手帳。今までのものと、どの辺りが違うのだろう?
「今までの母子手帳は、自治体や医療関係者の視点で作られているものがほとんどでしたが、この『親子健康手帳』はインターネットやソーシャルメディア、個別インタビューなど、様々な方法で全国の生活者(お父さん、お母さん)から徹底的な情報収集を行いました。今の時代に求められる機能を明らかにし、制作した母子手帳です」(同社・担当者)

「今の時代に求められる機能」とは、何ぞや? 『親子健康手帳』では、従来の母子手帳と比べて強化されている点がいくつかあるのだが、中でも最も要望の多かった要素は「健康カルテ」機能。要するに、成長や健康を自由に記録できる要素である。
そのリクエストに応えて新たに追加されたのは、投薬内容やアレルギーの管理のために自由に使っていいページ。例えば、任意接種の予防接種の情報を追記したり、毎年インフルエンザの予防接種を受けても欄が足りなくならないよう、記録できるスペースを拡大してみせた。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コネタニュースランキング

コネタランキングをもっと見る
お買いものリンク