review

書評家・杉江松恋が読んだ! 第146回直木賞候補作品、大本命はこれ、だが心の受賞作は!?

第146回直木賞候補作を全部読んでみました。芥川賞編はこちら

*1/17の芥川賞直木賞の受賞作発表をうけての感想レビューはこちら

『城を噛ませた男』伊東潤
天正17(1589)年、北信の地にて真田安房守昌幸は焦っていた。今や天下人となりつつある豊臣秀吉に関東の支配者である北条家を攻めさせて戦の中で武功を上げ、あわよくば一国の主になろうという目論見が、水泡に帰そうとしていたからだ。北条が戦を始めなければ豊臣は動かない。均衡を破る策として昌幸が思いついたのは破天荒な奇策であった。わが城を餌として投げ出し、北条家に攻めさせればよいのだ――。(表題作)
『城を噛ませた男』は全5篇を収めた作品集で、戦国時代の関東を舞台としている。いずれの話でも、主役を務めるのは知名度のある武将ではない。北条、上杉、武田といった大大名の顔色をうかがうことなしには生き延びることができなかった。あるときは知略をもって生き延び、またあるときは小勢力なりに意地を貫き通した。そうした戦国人たちの群像が生き生きと描かれるのである。
たとえば巻頭に収録された「見えすぎた物見」は、下野国人・佐野一族を紹介する一篇である。大勢力に領土を挟まれた佐野領は頻繁に旗色を変えなければならない運命にあった。筆頭家老の天徳寺宝衍は文字通りの土下座外交で同家の命脈をつなごうとするのである。「地に這いつくばっても民のために尽くすことが、われらの拠り所」と言い切るたくましさに魅了される。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「直木賞」に関する記事

「直木賞」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「直木賞」の記事

次に読みたい「直木賞」の記事をもっと見る

トレンドニュースランキング

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2012年1月16日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。