bit

宇宙を旅して帰ってきた酵母やこうじを使って造る焼酎

宇宙を旅して帰ってきた酵母やこうじを使って造る焼酎
宇宙を感じさせるパッケージだ。
いつからか、宇宙に対して憧れを持つようになっていた。恐らく、高校時代にデヴィッド・ボウイの名作『ジギー・スターダスト』を聴いてから。「火星からロックスターが地球にやって来る」というスペイシーなコンセプトにやられてしまったのだ。

だからこそ、この試みにはポーッとしてしまった。鹿児島大学と鹿児島県内の酒造会社12社が共同開発し、1月27日に発売したのは『宇宙だより』なる焼酎。
「宇宙」というワードが商品名に付けられているが、それは伊達ではない。何とこの焼酎、昨年の5月16日に打ち上げられた米スペースシャトル「エンデバー」に搭載され、宇宙を旅してきた酵母とこうじを用いて製造されたというのだ。

これは凄い。宇宙から帰還した微生物によって生まれた焼酎。スペイシーなお酒じゃないか!
そこで、このような宇宙規模の焼酎を製造したきっかけについて聞いてみた。伺ったのは今企画発起人の一人、鮫島吉廣教授(鹿児島大学焼酎製造学研究室)である。
「鹿児島には宇宙基地が2つ(種子島、内之浦)あり、“宇宙に近い県”です。また、当大学も、宇宙に関する研究が日に日に前進しております。一方、鹿児島には日本一酒蔵が多い、それもすべて焼酎工場という特徴があります。そんな大学の特性と地の利を活かし、『宇宙だより』製造に着手しました」
なるほど。上記のような特別な環境を頼りに、2年前に企画はスタートしたようだ。

では、宇宙での生活ぶりについて。宇宙旅行の当事者である“酵母とこうじ”の環境に関してである。注目の酵母・こうじは、エンデバー内で固定された箱の中に16日間密閉され、そのまま保存されていたそうだ。……それって、微生物にはどのような影響があるのだろう?

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る 2012年1月31日のコネタ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース