昨年TVドラマ「家政婦のミタ」の最終回の視聴率が40%だったと話題になりましたが、アメリカには20年連続視聴率40%を越えている怪物番組があるってご存知ですか?

その正体はアメリカNo1.スポーツ、アメリカンフットボールの全米王座を決める「スーパーボウル(以下「SB」」)。視聴率40%を越えるのはアメリカではとてつもないこと。日本以上に多チャンネル化が進んでおり、なかなか高視聴率がでない環境なのです。

たとえば3大スポーツの残りの二つ、野球のMLBのワールドシリーズの2010年全米視聴率が8.4%、バスケットボールNBAファイナル2010年が10.6%。それに対して2010-11シリーズのSBはなんと46.0%を記録しています。この数字からもSBの桁外れの人気が伺い知れますよね

経済誌「Forbes」が発表したスポーツイベントランキングでもSBのブランド価値が4.25億ドル(約335億円)と算定され、夏季オリンピックやサッカーWCを抑えて堂々の1位です。 

そうなると当然周辺のビジネスも熾烈。中でも有名なのはテレビCM。全米で最も注目を浴びることになるだけにスポンサーも気合十分。毎年各社SBに向け新作を発表し、それらをまとめたサイトも色々登場します。気になる今年の放映料は30秒のCM枠が300万ドルとも350万ドル(約2億7千万円)とも。

それもそのはず。もはやアメリカ人にとってのSBはただのスポーツイベントの枠を越えた特大イベント。