review

震災後のAKB48「少女たちは傷つきながら、夢を見る」

震災後のAKB48「少女たちは傷つきながら、夢を見る」
『DOCUMENTARY of AKB48 Show must go on 少女たちは傷つきながら、夢を見る』パンフレット。本編では、推しメンのあの子をもっと映してほしいと思う暇もないほど、次から次へといろんなことがスクリーン上に映し出される。パンフレットはアマゾンでも販売中だが、映画館では割安で入手できるので、ぜひ鑑賞する際にお買い求めを。
前年に続き2012年の年明けにもAKB48のドキュメンタリー映画が公開される。その情報を知ったのは去年の年末ぐらいだっただろうか。1年前の2011年1月に公開された『DOCUMENTARY of AKB48 to be continued 「10年後、少女たちは今の自分に何を思うのだろう?」』(寒竹ゆり監督)は、エキレビ!でも紹介したように、2010年のAKBの活動を振り返りながら各メンバーの横顔や将来の夢をインタビューなどを通じて紹介するという趣向だった。

今年は『DOCUMENTARY of AKB48 Show must go on 少女たちは傷つきながら、夢を見る』というタイトルで、監督をこれまでAKB関連では「10年桜」など数々のミュージックビデオを手がけてきた高橋栄樹が務めるという。はたしてどんなものになるのか。監督は変わっても基本的な形は去年と変わらないのでは……なんてタカをくくっていたのだが、1月27日の封切り前後よりツイッターなどにちらほら流れ始めた感想を見ると、どうも様子が違う。これまでAKBに関心のなかったような人が高く評価していたり、ファンのあいだでも「重たい」といった感想や、なかには「これは一種の戦争映画」などと形容するツイートも見られ、がぜん興味が募った。

というわけで、わたしも映画館で観てきた。冒頭からして、昨年のドキュメンタリーが主要メンバーによるレストランでの会食シーンからほのぼのと始まったのに対し、今年はまるっきり違う。映画は「2011年3月11日 東日本大震災」という字幕から始まった。震災を受け秋葉原のAKB48劇場での公演はしばらく休止、その月末に予定されていた横浜アリーナでのライブも中止となった。そして震災直後、自分たちの無力さを感じたという、AKBリーダーの高橋みなみの言葉が流れたのち、スクリーンには見慣れないメンバーが登場する。AKBで唯一今回の震災で被災した研究生の岩田華怜(かれん)だ。その前月に12期生オーディションに合格したばかりだった岩田は震災当日、体調が悪く仙台市内にある自宅で寝ていたが、揺れを感じてすぐに避難したという。彼女は映画の後半にも登場し、震災後の決意を語ったりと、本作の主役のひとりともいえる役割を与えられている。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「ドキュメンタリー + 映画」のおすすめ記事

「ドキュメンタリー + 映画」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「ドラマ」のニュース

次に読みたい関連記事「ドラマ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ドキュメンタリー」のニュース

次に読みたい関連記事「ドキュメンタリー」のニュースをもっと見る

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2012年2月7日のレビュー記事

キーワード一覧

  1. ドキュメンタリー 映画

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。