review

正直、イチカと海人っていうより、哲朗がヤバイ〈戸松遥&島崎信長「あの夏でまってる」主演対談 後編〉

注目作「あの夏で待ってる」でメインキャストを務めている戸松遥さんと>島崎信長さんの“同世代声優対談”後編です。「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」の長井龍雪監督を始めとした豪華スタッフが集結した今作。主人公の貴月イチカを演じる戸松さんと、霧島海人を演じる島崎さんも、まるで普通のファンのように、作品の魅力を愛情たっぶりに語ってくれました。7話の沖縄編までの名場面を振り返りつつ、8話以降の見どころも紹介!

前編は>こちら

●「男の子ってこんな感じなんだろうな」

――ここまでイチカや海人を演じてきて、それぞれのキャラクターへの印象は、変化していますか?
島崎 海人は、基本的に自分の気持ちに素直で正直。妄想も多くて、いかにも思春期らしい分かりやすい子なんですけど。話が進むと、意外と熱かったり、男らしかったりする面も出てきて。(石垣)哲朗から、(谷川)柑菜ちゃんの思いを聞かされても、あんまり気持ちが揺れていないし。それって、“イチカLOVE”な気持ちが、最初からぶれてないからかなと思って。複数の女の子に好かれる作品って、どうしてもフラフラしてしまうじゃないですか。それが無いのは男らしいなって思います。
――戸松さんの海人に対するイメージは?
戸松 等身大な子だなーとすごく思っていて。きっと、高校生の男の子って、こんな感じなんだろうな。妄想とかもしたりとか。
島崎 うん、しますね(笑)。
戸松 なんていうか、人間味を感じる要素がいっぱいある子で。イチカと出会ってから、彼はすごく変わったと思うし。逞しさや男らしさも出て来ているので、すごく良かったねって。私個人としては、成長していく彼を、すごく微笑ましく見守らせてもらっています。

この記事の画像

「正直、イチカと海人っていうより、哲朗がヤバイ〈戸松遥&島崎信長「あの夏でまってる」主演対談 後編〉」の画像1 「正直、イチカと海人っていうより、哲朗がヤバイ〈戸松遥&島崎信長「あの夏でまってる」主演対談 後編〉」の画像2 「正直、イチカと海人っていうより、哲朗がヤバイ〈戸松遥&島崎信長「あの夏でまってる」主演対談 後編〉」の画像3
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る
お買いものリンク