review

3.11で日本経済は壊れた? 放射線量はどれくらいで安心? 鈴木みそが直撃!『僕と日本が震えた日』

3.11で日本経済は壊れた? 放射線量はどれくらいで安心? 鈴木みそが直撃!『僕と日本が震えた日』
『僕と日本が震えた日』鈴木みそ/徳間書店<br />東日本大震災から1年。でもまだまだ怖いことはたくさんある。その恐怖を取り除くには、正しい知識が、実際に起きたことを客観的に、多角的に見ること。『僕と日本が震えた日』は鈴木みそが実際に取材し、数値などを調べながら事実を記録していくレポマンガ。気軽に読めつつ、正しく知ることの大切さがわかる一冊
震災から一年経ちますが、震災の話題はデリケートです。
もちろん東北の大きな被害にあった被災者にとってもそうですが、日本人の大多数が地震と津波と放射能の恐怖に晒されているのが事実。
まともに地震の話をしようとすると空気はどんより重くなりますし、軽く笑い飛ばしたら「不謹慎」と誰かに言われたり誰かを傷つけてしまう。実際昨年の3月、テレビで延々と流れる衝撃的な映像を見て心がざわめいた人、原発の話題を見て食べ物に不信感を持った人、多くいると思います。
つまり、日本人は大小の差こそあれ、みんな被災者なんです。

鈴木みその『僕と日本が震えた日』は、ルポコミックの雄である筆者が3月11日の震災の影響について様々な角度から取材し、現実を描いた作品です。
この本最大の特徴は感情を交えず、まずは事実を知るというスタンスであることと、目立った大きな被災地も、身近なところも両方見ている、というスタイルであることです。
どうしても、東北の荒れ果ててしまった瓦礫の山や、原発周辺区域の惨状に目が行ってしまうのですが、東日本大震災の影響はもっと多方面に及んでいるわけです。逆に「震災の影響」だと思っていたことが、根はそうじゃないという部分もある。感情的に「震災怖い!」が先走ってしまうけれども、まずは現実をしっかり論証していこう、というマンガなのです。

たとえば、身近な震災の一つ、出版
東北の製紙工場が壊滅的な被害を負って、書籍の印刷が間に合わなくなった、というのはリアルタイムで経験された方も多いと思いますが、「あれ? じゃあ他のところから持ってくればいいんじゃないの?」となりますよね。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「漫画」のニュース

次に読みたい関連記事「漫画」のニュースをもっと見る

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2012年3月12日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。