bit

有名自動車メーカーが手がけるカレー

有名自動車メーカーが手がけるカレー
館内のショップにはトヨタスポーツカーの名車2000GTの名前を冠した「2000GT柿の種」なるものもあった。まさに車三昧! 
トヨタ自動車のお膝元、愛知県。県内名古屋市郊外の長久手市には、トヨタ自動車が運営する自動車博物館「トヨタ博物館」がある。ガソリン自動車が誕生した19世紀末から20世紀までの歴史を、実用車を中心に約120台展示している。この館内にあるレストランで出されるカレーが、人気を博しているという。気になったコネタ取材班が早速現地へ赴き、食べてきた。

博物館へは、まず名古屋駅から約25分地下鉄に乗って東山線の終点、藤ケ丘駅まで移動する。その後、磁気浮上式リニアモーターカー「リニモ」の愛称で呼ばれる東部丘陵線に乗り換えて芸代通駅まで約10分。そこから徒歩約5分で博物館に到着する。近くには1584年に豊臣秀吉と徳川家康が対立した、小牧・長久手の戦いで有名な長久手古戦場もあり、開けた場所だ。博物館は約14,000坪の敷地に、約1,500坪の本館と約820坪の新館が立ち並び、延べ床面積は両館合わせて約5,800坪という広さを誇る。

館内の展示車はトヨタ車のみではない。2階に欧米車、3階に日本車が陳列され、日産やマツダなど国内メーカーのものからフォード、シトロエン、メルセデスベンツ、ロールスロイス、ポルシェ、アルファロメオなど世界各国の時代を飾った車がずらりとそろっている。年間を通して様々な体験型イベントもおこなわれており、例えば20世紀初頭にベストセラーとなった車、T型フォードの運転講習といったファン垂涎の催しもある。

あわせて読みたい

この記事にコメントする

新着トピックス

\ みんなに教えてあげよう! /

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース