bit

毎年パリ中の日本人が大集合する恒例イベントとは

今年もやってきた花見シーズン。春の国民的行事だが、海外の日本人の間でもその伝統はきちんと受け継がれていることを知っていますか? 

外務省領事局が発表する『海外在留邦人数調査統計』によれば、イギリス、ドイツに次いでヨーロッパでは多く日本人が暮らす国フランス。その首都パリでも花見の習慣は絶えていない。開花時期になると、パリ中の日本人が皆同じ場所に殺到し、まるで花見の名所・上野公園と化すのだ。

大集合する場所というのはパリ市南の郊外、オー・ド・セーヌ県にあるソー公園。181ヘクタールの広さを持ち、園内はヴェルサイユ宮殿の庭園も手がけた、アンドレ・ル・ノートルによってデザインされた美しい風景が広がる。園内には大量の八重桜が植わっている一画があり、そこが恒例行事の会場となる。

まず公園内の桜の開花が確認されると、学生、社会人など各日本人コミュニティでそれぞれ花見を企画しはじめる。そして週末になると、各人誘い合わせて集まってくる。目的地は皆共通しており、桜の木が大量に植わっているここソー公園なので、結果的にパリ中の日本人が集うことになる。

桜の下にいるのは日本人、およびその知人である日本に興味を持つフランス人が大半のため、飛び交う言語の大部分は日本語。敷物を広げ弁当を開け、アルコール片手に楽しむ様子はまさに母国日本の花見だ。一年に一度、公園内の花見で顔を合わせる人もいたりして、ちょっとしたパリ日本人社会の社交場にもなる。その光景は花が散るまでの約2週間、各週末に繰り広げられる。

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

おもしろニュースランキング

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2012年4月10日のコネタ記事

キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。