review

非公式に打ち上げられていた「アポロ18」に残されていたフィルムとは?

非公式に打ち上げられていた「アポロ18」に残されていたフィルムとは?
「アポロ18」2011年 アメリカ映画 上映時間87分。2012年4月14日より渋谷TOEI他でロードショー公開。
夏の定番の遊びのひとつに「キモだめし」がある。夜、ヒト気のない場所に出掛けていって、目印の品をとってもどってくる、というお馴染みのあれ。
ここで重要なのは「ヒト気のない場所」という部分だ。そりゃそうだ。ふつーにひとがたくさんいるところへ行ったって、キモだめしになんかなりゃしない。

夜の公園は薄気味わるい。
でも、飲み会帰りの酔っぱらいが通りかかるかもしれない。

夜の公園よりも、夜中のトンネルのほうが恐ろしげだ。
でも、深夜にジョギングしているランナーが通りかかるかもしれない。

夜中のトンネルよりも、深夜の墓場のほうが不気味に感じる。
でも、刺激を求めたカップルが潜んでいるかもしれない。

深夜の墓場よりも、廃病院のほうが背筋は凍りつく。
でも、地元の不良少年がたむろしているかもしれない……。

こうしてひとは、キモだめしを最高に楽しむ(怖がる)ために、可能なかぎり寂しげな場所を求めていく。ヒト気がなければないほど、何かが出たときのギャップが大きく、恐怖感もまた大きい。そして、ホラー映画の舞台も同じような理由によって選定されている。

では、人類が行くことのできる場所のうち、もっともヒト気のないところはどこかといえば、それはなんといっても「月面」だ。なにしろ地球上じゃないんだから。そりゃ誰もいないに決まってるよな。

でも、そんな月面で何者かの気配を感じてしまったら? 「アポロ18」はそんな映画だ。

1969年7月20日、米国はアポロ11号で人類初の月面着陸に成功した。それから3年にわたって有人宇宙飛行計画を続けてきたが、1972年12月のアポロ17号による月面着陸を最後に、NASAはアポロ計画の中止を発表した。以後、人類は月へ行っていない。

あわせて読みたい

この記事にコメントする

新着トピックス

\ みんなに教えてあげよう! /

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース