bit

2012年7月1日うるう秒でなにが起こるのか?

しかし、そこはご安心を。すでにうるう秒は何度も行われているだけあって、あらゆる関係機関が対策を済ませている(うるう秒は1972年からスタートし、これまでに24回実施されている)。

NTT東日本および西日本では前回の(2009年)うるう秒に、こんな対策を行っている。加入電話とINSネットの時報サービスにおいて、午前8時58分20秒から午前9時00分00秒までの100秒間、時報サービスの秒音をそれぞれ100分の1秒ずつ長くすることで、合計で時刻を1秒遅らせた。
また、「ひかり電話」の時報サービスでは、午前9時00分00秒のお知らせ(ポーンという音)を2回鳴らすことで調整していた。
なお、2012年の対策方法については現在検討中とのことだ。

情報通信研究機構(NICT)の行なっている日本標準時提供サービスでは8:59:60が表示されるという。ちなみに、NICTは日本時間の基準となる「日本標準時」の情報を管理している独立行政法人。うるう秒挿入の発表も、情報通信研究機構が行っている。

ほかにも、電波時計や携帯電話の時計は、送信局からの信号を受診して自動的に時刻を合わせてくれる。
パソコンの内部時計も、ネットワークに接続していればインターネットタイムサーバーと同期できるため、不便はないはずだ。

ところで、通信網とは無縁な昔ながらの機械式時計はどうしているのだろうか。
「札幌市時計台は、毎日の保守点検で、日本の標準時に合わせています」

あわせて読みたい

この記事にコメントする

新着トピックス

\ みんなに教えてあげよう! /

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース