bit

寝袋なのにシルクが人気、快適旅グッズ「シルク寝袋」

寝袋なのにシルクが人気、快適旅グッズ「シルク寝袋」
シルクは肌触りや着心地はもちろん、保温性や通気性にもすぐれ、夏は涼しく冬は暖かいのが特徴。
寝袋なのに高級シルク?といえば、寝袋に失礼だろうか。キャンプや旅をするときも快適に過ごせるという「シルク寝袋」。ロケで海外に行くことが多い某芸人さんが愛用し絶賛しているのをテレビで見たことはあったが、旅行・移動することが多い人の旅アイテムとして人気だという。

色んなメーカーから「シルク寝袋」が販売されているが、どれもコンパクトで軽量なのが特徴。アウトドアグッズなどを販売するEストアーの担当者に話を聞いた。

シルク100パーセントの寝袋というと高級なイメージがあるが、同店で販売する「シルク寝袋 Cocoon(コクーン)」(定価13,440円 税込)は、提携先の通販も入れると月に250~300個を売り上げるヒット商品だという。なぜそんなに人気があるのだろうか。「私たちの身体からは1日約2リットルの水分(汗)が出ています。シルクは、この水分を早く吸収して外気に放出する機能(透湿性)に優れています。吸水性でシルクは綿の約1.5倍もあり放湿性も綿に遜色がありません」(同社担当者)。

シルクは肌触りや着心地はもちろん、保温性や通気性にもすぐれ夏は涼しく冬は暖かいのが特徴だ。通常、寝袋というと快適に眠れなさそうなイメージがあるかもしれないが、このシルクの快適さが人気を後押ししているのかもしれない。

Cocoonは約160グラムと軽量で何よりもコンパクトだ。使い方はいたって簡単。頭の位置に切れ目が入っているので頭の部分に枕を入れることもでき、前面の片側はマジックテープで止めるようになっている。すぐに持ち運べる大きさということで防災グッズのひとつとして購入する人もいるというが使い道は人それぞれ。寝苦しい夏にも丁度よく、口コミにもあるが暑がりの人にとっては家での睡眠を快適にしてくれそうだ。

「寝袋といえばキャンプに利用する印象が強いと思いますが、寝袋の中やベッドシーツに入れるインナーとして使われたり、若い人を中心に移動中に一枚で使用する人も増えてきているようです」。購入者の中には車での移動やビジネスホテルなどで使用しているという人もいた。私も旅行先でたまにあるのだが、宿泊先のシーツが肌に合わない、ブランケットの肌触りが肌にチカチカと引っかかり気になる……などの悩みも解消してくれるに違いない。シルク寝袋、私の旅アイテムの仲間入り決定。
(山下敦子)

あわせて読みたい

  • 今年ブレイク必至!? 新オシャレアイテム「モンパン」

    今年ブレイク必至!? 新オシャレアイテム「モンパン」

  • コネタの記事をもっと見る 2012年5月18日のコネタ記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    コネタニュースアクセスランキング

    コネタランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    おもしろの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    コネタとは?

    B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

    その他のオリジナルニュース