review

うつで閉鎖病棟入院するとどうなる!? ナースの前で耳かき? シケモク拾い?

「精神科に入院したほうがいいですね」
新しい心療内科に通って3度目のときだ。

安部結貴作/大葉リビまんがの『入院しちゃったうつウーマン』は、うつ病で精神科閉鎖病棟に入院した著者の体験記だ。
16年間、うつで、一生、薬と縁が切れないことを覚悟していたのだが、まさかの寛解(かんかい)。
寛解というのは、薬を必要としなくなる状態。
治ったと喜ぶのだが、1年もたたないうちに、またしても具合が悪くなってしまう。
電車が極端に怖くなり、乗れなくなってしまう。
セカンドオピニオンを求めて、別の心療内科を受診。
そこで、双極性障害と診断される。いわゆる躁鬱病のことだ。
入院を勧められて、「そんなに悪いのか」と驚くが、先生が言うには、
「だって通院するの大変でしょ?」
というわけで入院することになる。

荷物を持って病棟へ行くときに、近所の人からすれ違って、「まあご旅行ですか?」「ええまあ、おほほ」なんて会話を交わす。
エッセイマンガの軽やかな絵柄で、精神科閉鎖病棟に入院した様子が描かれる。

本書は全7章構成。
1うつは治ったはずなのに
2「新しい恐怖」の登場
3初めての精神科病棟
4暇なようで忙しく、せわしないようでいて暇な日々
5精神科病棟の本質に迫る
6治療は進む
7精神病ですみません
各章のあいだにコラムがはさみこまれる。


重い扉を開き、またその先に扉。
2つの扉の間で、持ち物検査をする。
パーカーの紐、耳かきや、ひげそり、ライター、爪切り、はさみなどは、病棟に持ち込めない。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る
お買いものリンク