先週5月23日発売分の週刊少年マガジンの「さよなら絶望先生」がどえらいことになっている。
直接的なネタバレはここでは書きませんが、非常に愕然とする内容、とだけ言っておきます。
今までの絶望先生を追っている人はすぐマガジン買って来てよんでください。
そうじゃない単行本派の人は、覚悟しておいてください。
卒業式なんですが……こんな卒業式見たこと無い。
 
さて、『さよなら絶望先生』第二九集も発売されたばかりです。
「さよなら絶望先生」は絶望ばっかりしている先生と、それに対して反応する個性的な少女たち(一部男子)を描いた、時事ネタ学園ブラックコメディ。アニメ化もいくどもされている人気作です。
几帳面すぎて攻撃的な木津千里、ストーカー少女常月まとい、BL大好き少女藤吉晴美、ひきこもり少女小森霧などなど、アクが強いキャラ続出。
全員かわいくて、面倒くさい。一番面倒くさいのは先生、という、なんとも「面倒くさかわいい」ギャグマンガでした。
多分時事ネタを引っ張りながら、偉大なるマンネリとして今後もだらだらサザエさん形式(いくらたっても年を取らないアレです)で続けてくれるんじゃないか、と信じていた時期もありました。
 
この巻には291話まで収録されているのですが、その次の292話で、みんなの度肝を抜くセリフが飛び出します。
「あと10回です(今回含めて)」
えっ?! 
ちょっと待って、最終回までのカウントダウンするとか、ありなの?