review

原発再稼働を急ぐ理由

原発再稼働を急ぐ理由
『原発は不良債権である』(金子勝/岩波ブックレット)“なぜ原発は停止していると赤字を生み続けるのか。老朽原発を稼動したがるのはなぜか。電力債とは何か。なぜ東電の電力値上げに反対する必要があるのか。国に、東電に、怒り続ける著者が、原発の経済問題をえぐり出し、私たちが考えるべきことをわかりやすく提示し、被災地支援のためにとるべき道を示唆する。”
【原発ってどうして動かしたいの?】

原子力発電事業の不思議なところは、「どうして電力会社や政府は原発を再稼働させたいの?」ということだ。
これだけ大きな事故を起こしたのだ。「こりゃたまらん、稼動させたくないな」ってなるんじゃないの? 損害賠償や抱えきれない責任の大きさを考えるだけでも、政府や電力会社は「再稼働反対!」って言いたくなるべきではないか。

原子力設備を作っているプラントメーカーや建設業者が、動かしたいと考える構造は、以前紹介した座談会「原発の安全なたたみ方:資金・賠償・人材」で少し納得できた(記事:原発でボロ儲けできる理由)。
「原子力損害賠償法」という古い法が残っていて、まったくリスクを背負わなくていいという非常識な商売が可能なのだ。いびつな「おいしい」状況が温存されてしまっている。

では、電力会社そのものはどうなんだろう?
「原子力損害賠償法によって、東京電力だけに責任を課す構造になってしまっている」のだとすれば、電力会社は、もう、あんな怖ろしいコトを引き起こしたモノを再稼働させたくないって考えるのが、まっとうじゃないだろうか。
「恥も尊厳も忘れ、築き上げてきた文明も科学もかなぐり捨てて、自ら開けた恐怖の穴を、慌てて塞ぎたい」と考えるのではないだろうか。

なぜ、再稼働させたいのだろうか?

『原発は不良債権である』(金子勝/岩波ブックレット)を読んで、その仕組みの一端がわかった。

問題は、原子力発電所の解体困難性と維持コストなのだ。

あわせて読みたい

  • 「放射線リスクを正しく怖がる」の嘘、エリートがパニックを引き起こす!?

    「放射線リスクを正しく怖がる」の嘘、エリートがパニックを引き起こす!?

  • なぜ「この程度の放射能汚染は安全」という学者が多いのか

    なぜ「この程度の放射能汚染は安全」という学者が多いのか

  • 総被爆線量を計算する生活、くまと散歩、川上弘美「神様2011」

    総被爆線量を計算する生活、くまと散歩、川上弘美「神様2011」

  • 学校なんて最初から間違っている!? 裏庭で原発を自作する少年『Made by Hand』

    学校なんて最初から間違っている!? 裏庭で原発を自作する少年『Made by Hand』

  • レビューの記事をもっと見る 2012年5月31日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    > 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース