bit

韓国の音楽ファンが集まった「ソウルレコードフェア」に行ってきた

       
世界の音楽市場と同様、CDの売れ行きに伸び悩む韓国にて、「ソウルレコードフェア」という韓国初の興味深い催しが行われた。新品・中古レコードを販売する業者や個人を中心に、CD・DVDを扱う国内外のレーベルやショップ、音楽関連書籍・グッズ等を扱う出版社や輸入業者らが一同に集まったこのイベント。貴重なアイテムや特価品が購入できるだけでなく、ショーケースライブや展示も楽しめる、ロックフェスとは違った音楽の祭典だ。
昨年11月に行われた第1回目の催しは、予想を超える大盛況となった。海外レコードフェアの常連から、それまでレコードを買ったことがなかった人、地方から新作を求めてやってきたインディー音楽ファンまで、多彩な層の愛好家が来場。入場料が必要となるイベントにも関わらず、1日だけの開催で2000人が集まり、総額1億ウォンを超える音盤が販売された。
業界もファンも期待する中、第2回ソウルレコードフェアが、6月2日・3日の二日間にわたり開催されることに。韓国の音楽業界の熱気を体験すべく、筆者も会場を訪れてみた。

今回の会場は、ソウル市内の大型コンサートホールであるAX-KOREA。会場の外にも屋台が現れ、入場前からお祭りのような雰囲気に包まれている。
チケット代わりとなるリストバンドをして入場する。レコードショップのブースは、1階と2階のロビーにずらりと並んでいた。ホールから漏れ聞こえるロックバンドの演奏を背景に、音盤の山に向かい1枚1枚熱心にチェックする音楽ファンたち。若者だけでなく中高年の参加者も少なからず見られる。お店の方たちの説明にも熱がこもっており、独特な活気に溢れていた。

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

おもしろニュース

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2012年6月7日のコネタ記事

キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。