review

国税庁ドラマ「トッカン 特別国税徴収官」制作秘話2 国税庁では大卒よりも高卒のほうが出世をしやすい

ーーそうなんですか。
福井 北村さんの芝居は、ぐー子につっこまれてやられたな、という表情をするみたいな、可愛らしい感じのキャラクターを足してくださっているんです。だから親しみとまではいかないんですけど、いけ好かないやつっていう感じは和らいでいると思いますね。
ーーちょっと受けの芝居が入っているんですね。
福井 そうです。ぐー子に対しても鏡はドSの毒舌キャラで、彼女の見た目とか、着てるものが安っぽいところとかを指摘するところがあるんですけど、そのつっこみかたもおもしろくつっこんで、笑えるような感じになってます。ぐー子は原作では眼鏡をしていないんですが、ドラマでは伊達眼鏡をかけています。監督と井上真央さんとの打ち合わせで、伊達眼鏡で自分の正直な気持ちを隠しているというイメージをつけようという話になったんです。
ーーなるほど。メガネっ子になりましたか。
福井 今後なんらかのかたちで、メガネはとることになるかもしれないんですけど、その伊達眼鏡が全然似合ってない、というように鏡がつっこむんです。そのつっこみかたも面白い言い方をされているんですよね。税金滞納というのは重いイメージの題材なので、なるべくそういうやりとりなどでクスッと笑えるようにしています。
ーー原作には南部千紗という、ぐー子とは何から何まで対照的な女性がライバルとして出てきますよね。上昇志向が強くて、それでいて外見にもきちんと気を遣うという。ぐー子は彼女によって、自分が女子としていかに輝いていないかということを自覚させられます。それで税務署以外の場所で同性の友達を見つけようとしてみたりするんですよね。若い女性の、孤独とまではいかないけど、仕事を抱えてまったく余裕がない、みたいな生活が本当にうまく描かれています。...続きを読む

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る 2012年7月5日のレビュー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース