review

書評家・杉江松恋が読んだ! 第147回芥川賞候補作品。今度こそいけるか舞城王太郎、それとも!?

       
第147回芥川・直木賞選考会はいよいよ本日夕刻、候補作を全部読むシリーズ、今回は芥川賞に挑戦しました。直木賞編と合わせてお読みください。

戌井昭人「ひっ」(「新潮」2012年6月号)
「ひっさん」というあだなだった主人公の伯父についての小説だから「ひっ」なのだ。ひっさんは戦後に波瀾万丈の生活を送った挙句にほぼ独学で音楽の勉強をし、そこそこ売れた作曲家になった。突如引退を宣言し、マグロの赤身が好きだからという理由で神奈川県の三浦半島に移り住むと、そこで農耕生活を送った。読みながらかっこいい伯父さんだな、と思っていたのだけど、モデルは深沢七郎だろう(豊崎由美氏指摘で気がついた)。戌井はあの作家の大ファンで、ちくま文庫の『深沢七郎コレクション』の編集も担当している。
主人公「おれ」の自堕落な青春を描いた小説でもある。子供のころからこの型破りな伯父に影響を受け続けた「おれ」はひっさんの「テキトーに生きろ」という人生訓を真に受けすぎ、「お前のは、テキトーが死んでる」と叱られるほどに無気力な人間になってしまうのである。そうした駄目な様子が、主人公の男根をモチーフにして書かれているところが本書の笑いどころである。日本を飛び出してアジア放浪の旅に出た主人公は、怪しげな薬をやったため、右手の小指がピンと立ったまま動かなくなってしまう。この勃起したままの小指は、彼が20歳のころにムズムズが止まらなかった股間の衝動が転移したものだろう(射精をすると小指は元に戻るのである)。「おれ」の人生の羅針盤は股間である。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「芥川賞」に関する記事

「芥川賞」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「芥川賞」の記事

次に読みたい「芥川賞」の記事をもっと見る

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2012年7月17日のレビュー記事

キーワード一覧

  1. 芥川賞 高橋弘希

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。