でかい。このマンガでかい。
書店によっては雑誌棚に間違えて並んでいるほどでかいB5サイズマンガ、平方イコルスン『成程』が発売されました。
このサイズの有名なマンガだと、例えば宮崎駿『風の谷のナウシカ』とか大友克洋『AKIRA』があります。

『成程』がB5版である理由は、少しだけこれらの作品と共通しています。
通常のマンガはだいたい1Pに4から8コマ程度。少女漫画だともっと減りますね。8コマでもA5やB6判型を考えると多い方です。
ところがこのマンガ、基本1ページに10から17コマ近くある。
1ページ密度が尋常じゃなく多く、しかも右上から左下に読むというルールをぶっ壊している。
単純に文字が小さいからB5じゃないと読めないというのもありますが、最初からB5を想定して描いて構成されている。
ページが細かいコマをわった一枚の絵になっているんです。内容を読む前に見た目でまず圧倒されるはず。

この短篇集『成程』はもうひとつすべて手書きというとんでもない特徴があります。
スクリーントーンは一切使っていません。吹き出しの中もすべて手書き文字。
吹き出しの形状がセリフの文字をぶった切るなんていう芸当も、手描きだからできます。
もうすべてをひっくるめて「絵」なんですよ。

もうなにからなにまで規格外の塊みたいな作品。
「シュール」とか「不条理」と言っちゃうのは簡単だけど、そんな枠にすらもおさまらない。だってセリフとかものすごい計算されてるし、かといって難解にしようとしているだけではなく、エンタテイメント要素もバッチリ入っている。