review

女子高生とゲームが作れるのは福島GameJamだけ!?

女子高生とゲームが作れるのは福島GameJamだけ!?
女子高生とゲームが作れるのは福島GameJamだけ! 熱い30時間が今年も南相馬に帰ってきた。
「君たちは女子高生とゲーム開発したことあるか?私はある」(伊藤周@warapuri)

えーっと、唐突ですみません。プロ・アマのゲーム開発者が即席のチームを組んで、30時間以内にゲームを開発する「東北ITコンセプト 福島GameJam in 南相馬 2012」。第一回目の昨年は、エキレビライターの香山哲さんがレポート記事をアップされましたが、今年は不詳・小野憲史が突撃参加してきました。

本イベントは国際ゲーム開発者協会日本(IGDA日本)と福島県南相馬市の主催で、8月4日・5日に開催されたもの。メイン会場の南相馬市市民会館「ゆめはっと」以外に、東京・名古屋・福岡そして台湾台北・台湾台南のサテライト会場も参加。合計170名を数える開発者が、28のチームに分かれてゲームを制作しました。完成したゲームは作品紹介ページにアップされているので、ぜひ遊んでみてください。Ustreamではイベントの模様が特別番組として配信されていますよ。

でもって今年の特徴の一つが、冒頭にも記した地元高校生の参加。事前にNPO法人フロンティア南相馬主催、東京工科大などの協力で、ゲーム開発のイロハが集中講義されました。そこから4人の希望者がGameJamに参加し、一人ずつ各チームに割り振られて、ゲーム作りを体験したんですね。

日頃デスマーチと格闘しているプロのゲーム開発者にとって、女子高生とゲームを作る機会なんて夢のよう。同じく参加した大学・専門学校生にとっても、自分たちよりさらに経験の乏しいチームメイトが参加することで、教わる立場から教える立場にジョブチェンジ! いろいろ刺激に富んだ体験となったようです。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る 2012年8月9日のレビュー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース