review

いじめを考える土台に。だれも「いい子」ではないし「わるい子」でもない

いじめを考える土台に。だれも「いい子」ではないし「わるい子」でもない
『聴こえてる、ふりをしただけ』 渋谷アップリンク公開中、他順次公開予定。
「絶対まっててね」と行ってトイレに入る少女。
待っているもうひとりの少女。
「サッちゃん、お守りもってる?」とトイレの中から聴かれて、うんと答える。

8月11日から渋谷アップリンクで上映スタート。
『聴こえてる、ふりをしただけ』を紹介する。

サチは、黒い服を着て、ぼうっとしている。
おばさんが慰める。
「急だったものね。でもね、お母さんはさっちゃんのことずっと見守ってくれてるからね」

主人公は11歳の少女サチ。
彼女の母は、不慮の事故で亡くなってしまう。

「死んだ母が見守ってくれる」と大人はこともなげに言うが、同時に、霊はいないとも語る。
「私たちが感じていることとか考えていることは全部のうみその働きなんです」

クラスメートも「霊とかこの世にいるわけないじゃん。うちら五年だよ」まだそんなものを信じてるの?と驚く。
サチはつぶやく。
「いないのかな、霊って」

そのなかで、転入生の女の子だけが、幽霊を信じている。
「ひとりで行くの怖いもん、おばけがでるもん」
と言って、トイレに行けない。
サチは、彼女がトイレに行くときは必ず一緒につきあう。
おばけを怖がる彼女を見守る。

「いつでもお母さんが一緒なんだね。きっとさっちゃんのこと見守ってくれてるよ」と言う先生に対して、「じゃあ、どうして告げ口なんていじわるされるんですか」と聞き返してしまうサチ。


精神科医名越康文は、本作について、次のようにコメントしている。
この映画を、最後までじっと観たら、
昔、息の根を絶たれてしまった自分への思いが統合されるだろう。
魂の温度に触れることができる作品。

あわせて読みたい

  • 大林宣彦監督「この空の花」が超問題作! じじいがすごいことをガツンとやった!

    大林宣彦監督「この空の花」が超問題作! じじいがすごいことをガツンとやった!

  • 介護、離婚、殺人罪。90以上の映画賞獲得の傑作『別離』を見逃すな

    介護、離婚、殺人罪。90以上の映画賞獲得の傑作『別離』を見逃すな

  • 女の子を誘って見に行こう。媚薬いらずの官能映画「ブラック・スワン」

    女の子を誘って見に行こう。媚薬いらずの官能映画「ブラック・スワン」

  • レビューの記事をもっと見る 2012年8月13日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース