bit

世界進出を狙う! なんかオモロい「大阪バーガー」

世界進出を狙う! なんかオモロい「大阪バーガー」
ボリュームがあるのに値段も手頃が大阪風。一番人気「うめチキン(250円)」は、梅の部分が着物、大葉が帯を表しているという。「大阪バーガー」という名前は、日本コナモン協会の会長のお墨付き。
長崎県の佐世保バーガーや、福島県の喜多方ラーメンバーガーなど、地域独自の工夫が光るご当地バーガーは数知れず。今日は、大阪発の「大阪バーガー」を紹介したい。2004年「大阪から世界へ」という壮大な目標を掲げ、試行錯誤の上に誕生した大阪バーガー。生みの親、「大阪バーガー 華円(はなまる)」の岡本吉博さんに話を聞いた。

「大阪」というだけあって、こちらのバーガー、バンズの部分が小さなお好み焼きだ。2枚のお好み焼きに様々な具を挟んでいただく斬新なスタイル。同店一番人気「うめチキン(250円)」はチキンに玉子、大葉が挟まり、梅肉ソースがマッチしてあっさり。中の具材に焼きそばや豚肉などを入れるソース系「モダン(300円)」は、お好み焼きを食べている感覚に近い。

「20年前、イギリスに留学していた時、日本といえばまだ、車や電化製品以外のことで知られていなくて。それなら、生きる源である『食』で、自分の作ったものを大阪から世界に発信しようと思ったのが作り始めるきっかけとなりました。米が主食でない文化圏は多いので米は使えない…。悩んだ末に思いついたのが『粉』でした」

生まれも育ちも大阪である岡本さんは、「粉もん」ならお好み焼きだ! とひらめくも、そこから試行錯誤。お箸とコテを使うと世界では浸透しにくいため、手で持つスタイル、バーガーにたどりつく。食べやすいようにお好み焼きの固さや弾力性、ソースがたれないように工夫してペースト化するなど、発想から約5年をかけて作り上げた。

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2012年8月16日のコネタ記事

キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。