bit

5000匹もの金魚が泳ぐ、アートアクアリウム展に行ってきた!

5000匹もの金魚が泳ぐ、アートアクアリウム展に行ってきた!
約1000匹もの金魚が泳ぐ巨大金魚鉢「花魁(おいらん)」
江戸時代の「金魚を鑑賞して涼む」という文化を、光・映像・音で現代風にアレンジした「ダイナースクラブ アートアクアリウム展2012」が、東京都中央区の日本橋三井ホールで開かれている。大人気だった去年よりも大幅にレベルアップしたという本展にさっそく行ってきた。

竜宮城のような幻想的空間の中で、可憐で美しい金魚や熱帯魚など合わせて約5000匹が、大小70個もの水槽の中で優雅に泳いでいる。「ピンポンパール」などのプクっとした体型が可愛い、めずらしい種類の金魚も見ることができる。

本展の特徴は、水槽の形状や見せ方が大変ユニークな事。ゆったり流れる川のように配置された「華魚撩乱」や、イタリアのガラス工芸品「ベネチアングラス」の最高峰「VENINI」とのコラボレーション作品、「Kingyo」など、スタイリッシュでアーティスティックな金魚鑑賞ができる。水の流れる音とゆるりと金魚が泳ぐ様はとても涼しげ!

本展の中でも特に圧巻なのは、1.5メートル四方という超巨大金魚鉢、その名も「花魁(おいらん)」である。約1000匹もの金魚が、ライトアップされた鉢の中を優雅に泳いでいる姿を下から眺めることができる。通常であれば、この量の金魚を同じ水槽の中に入れると、酸欠を引き起こして、安全に泳ぎ続ける事は不可能だそう。それを実現させたのが、本展のプロデューサーで、観賞用の水槽とアートを融合した第一人者、木村英智さんだ。金魚たちを自由自在に操るその方法は、木村さん本人のみしか分からないのだと言うから驚き!

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る 2012年8月27日のコネタ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おもしろの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース