bit

障害者スポーツを追って33年のカメラマン、パラリンピックを語る

障害者スポーツを追って33年のカメラマン、パラリンピックを語る
Photo by Toshihiro Takeda
写真家の清水一二(かずじ)さんは、パラリンピックなどの国際大会はもちろん、国内の大会などにも足を運び、各競技の選手との信頼も厚い。「国際大会では世界のアスリートと戦う訳だから、日本でいるときとは違う表情を見せてくれる。それがまた格好よくて、やめられない」。障害者スポーツを撮り続けて今年で33年。

24歳の頃、勤めていたリハビリテーションセンターで、手術の医療写真を撮影していた頃、患者らがリハビリの一環として取り入れていたスポーツの競技写真を撮ることになった。義足が光ったり、体と一体化してしなる姿を見て、その格好の良さに惚れ込んだのがきっかけになった。「その選手に残された機能を、いかにうまく使っているか。写真ではそれを表現したい」

清水さんは「当時、障害を持つ人を励ましたいとおこがましくも思っていたが、逆に障害を持つ人たちから『このままだったら写真のプロにはなれない。やるならちゃんとやりなさい』と叱咤激励。自分の甘さにショックを受けた。その言葉のおかげで、ずっと写真を撮ってこられた」と振り返る。

アスリートの世界水準が高くなってきたので、選手たちは日本だけでなく、世界大会で試合する経験を積まなければメダルを狙うのは難しい。だが、選手たちには、常に資金難の問題がつきまとう。「例えば、韓国の選手たちは、健常者スポーツと同じような待遇でスポーツに取り組める環境が整えられているが、日本は違う。義足などの費用をサポートしたり、医科学的に研究し選手をサポートする国もある」...続きを読む

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る 2012年9月7日のコネタ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース