bit

日本語がわかる外国人が嫌がる言葉

日本語がわかる外国人が嫌がる言葉
外国人との円滑なコミュニケーションは、言葉が通じても難しい!? 写真はドイツ・ハイデルベルク市内の野菜市場(筆者撮影)。
漫画、アニメなど日本文化が好きで、日本語を勉強したり、日本に住んでいる外国人。彼らが日本人と付き合っているとき、「ちょっとこれは失礼じゃない?」と感じる言葉があるらしい。それはどんな言葉で、どんな理由で嫌がるのか。

外国人の中でもとくに欧米人にとって、日本語のハードルはとても高いと思われるが、それ以上に外見(肌、瞳の色)の違いは大きい。いくら日本文化に馴染んでもその違いはどうにもならない。そんな彼らが嫌がる言葉が「外人」。
「外人は人種差別語だ」という。同じ人間同士で差別するのはよくないというわけ。もちろん、多くの日本人が差別意識からそう言っているのではないのだが、言われる外国人にとっては素直に聞き流せない言葉のようだ。言われてみれば外国人ではなく、外人とは如何に? 外の人、外から来た人、仲間外れの人、並外れた人、確かに変な日本語である。

ほかに、ちょっとおもしろいと思ったのがある若いアメリカ人男性の指摘。それは、「日本語うまいですね」「お箸が上手ですね」といった類の外国人に対する褒め言葉。これが日本に長く住んでいる外国人には結構プライド傷つくらしい。
「あなたは日本人と同じではないと言われているのと一緒」
「どんなに日本に馴染んでも差別されている感じ」
というのだ。うーん、そう感じるものなのか。褒めているつもりなのに……。

だが一方で、「外人」「日本語うまいですね」と言った言葉に抵抗ない外国人もいる。

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2012年9月10日のコネタ記事

キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。