bit

オリンピック、パラリンピック両大会に出場し、注目を集めた海外選手たちの声

オリンピック、パラリンピック両大会に出場し、注目を集めた海外選手たちの声
競技場にいた観客は「観客席で義足を付けてた子どもが、ピストリウスらの走りを見た後は、自慢げに周りに義足を見せて嬉しそうだった。パラリンピックは夢と希望そのものだと感じた」と話した。協力:フォト・サービス・ワン Photo by武田敏宏
「ブレードランナー」の異名を持つオスカー・ピストリウス。両足義足の選手で初めて、オリンピックとパラリンピックに出場するというニュースは世界から注目を集めた。オリンピック出場は「義足が優位に働くのではないか」と様々な議論を呼び、「公平性が保てない」というバッシングを受けた。両大会に出場し活躍した外国人選手は他にもいる。3人に共通して言えることは、彼らの夢は障害を持ちながら「オリンピックに出ること」だった。

■ 陸上~オスカー・ピストリウス(南アフリカ)~
生まれつき両足のすねに骨がなく、生後約11カ月で膝から下を切断した。子どもの頃から義足をつけてテニスやラグビーなど様々なスポーツに取り組んだという。アテネでは100mで銅、200mで金メダル。北京では100・200・400mの3種目で金メダルを獲得したが、オリンピックの出場の夢は果たせなかった。ロンドンオリンピックでは個人種目の400mとリレーに出場し注目を浴びた。パラリンピックでは100mと200mで連覇を逃したが、得意の400m(46秒68)では他者を寄せ付けない強さで優勝。

競技後の取材陣の数からも、世界の注目度が伺える。オリンピックの舞台に義足で400メートル準決勝に進出した姿は記憶に刻まれ、パラリンピックでは、ピストリウスが走る度、スタジアムは揺れるほどの歓声に包まれた。義足の優位性については「不正をしてまで健常者と戦いたくはない。厳しい努力の成果だ」と胸を張って答える。彼の活躍や発言はスポーツの世界に様々な問題を投げかけた。今後、技術の発展に伴い、改善点や公平性などについて、更なる研究や調査がなされていくだろう。ようやく議論をする段階にきたという点でも、間違いなくスポーツ界の歴史を変えたのではないだろうか。

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2012年9月11日のコネタ記事

キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。