『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの「マネジメント」を読んだら』『さおだけ屋はなぜ潰れないのか?』『織田信奈の野望』が集まる。出版業界アベンジャーズ!

9月20日、「cakes×星海社新書 今こそ編集を語ろう! ヒットメーカーが考えるコンテンツのかたち」が開催された。


今年の3月に、初の著書を出した。が、大ヒットということばとは無縁だったので、売り上げ100万部、いや、10万部ですら未知の世界だ。
この場に集ったのは、いずれも何十、何百万部という本を世に送り出している、新しいことをやろうとしている編集者たち。
出版不況とずっと言われ続け、若い人が入ってこない。
「こんなことどうでしょうね」と企画を出しても受け入れられない。さまざまな出版社から交通費、経費がどんどんとカットされていく。
おれ以外の20代のライターなんて、数えるくらいしか見たことがない。同年代を見つけても、次々と辞めていく。
ライター仕事は楽しいし、自分にも合っているが、出版業界の体質は……正直面白くない。

でも、面白いことをやろうとしている人たちがいる。そんな噂を聞きつけ、イベント会場のB&Bに足を運んだ。
このイベントの内容は、出版業界以外の人にも参考になる話だと思う。


出演者は、加藤貞顕、柿内芳文。司会は上林達也(『織田信奈の野望』(シリーズ累計100万部突破)など)。
出版業界の最前線で活躍している編集者たちによるイベントだ。

この記事の画像

「出版業界に明日はあるのか?『もしドラ』『さおだけ』『織田信奈』を生んだスーパー編集者会談レポ」の画像1 「出版業界に明日はあるのか?『もしドラ』『さおだけ』『織田信奈』を生んだスーパー編集者会談レポ」の画像2