『電子工作マガジン』の11月号を見て仰天したんですよ。
雑誌自体かなりとんがった、趣味の雑誌ではあるんですが、その中に1ページ、やたら古臭いデザインの広告ページが。
えっ。ちょっと待ってなんでこのページだけ80年代なの。おかしくね。
あーでも電子工作マガジンならそういう古いのも扱ってるかもねーなんて思ってみていたら、実はそれ、ニンテンドーDSi・3DS専用ソフトの広告でした。
あんまりにもアナクロなデザインに、これはただならぬものだと感じ早速作っている方に問い合わせ、広告そのものの掲載許可をいただきました。
左上に載せてあります。
これが21世紀の雑誌に載るんだぜ。デザインからして80年代マイコン時代ですよ。どういうことなの。
ベーマガ(マイコンBASICマガジン)から移植してきたみたいじゃないの。
 
これ一体なんなのかというと、『プチコンmk2』というDSi・3DSのダウンロード専用ソフトの広告。
BASICを打ち込んでプログラムを動かすという、「なんで今あえて!?」とツッコミたくなるソフトです。
DSの二画面を使って、上の画面をディスプレイに、下の画面をキーボードに見立ててポチポチとBASICプログラムができます。
早速ぼくも、MSX時代を思い出して打ち込みます。

PRINT "HELLO WORLD"
BEEP

さて実行と。
ピッ。表示されました。うーわー懐かしい。何十年ぶりだこの感覚。
さてセーブしてみようかね。

この記事の画像

「それなんてベーマガ? ゲームをつくる喜び再び「プチコンmk2」」の画像1 「それなんてベーマガ? ゲームをつくる喜び再び「プチコンmk2」」の画像2 「それなんてベーマガ? ゲームをつくる喜び再び「プチコンmk2」」の画像3