review

「梅ちゃん先生」特番直前『大切なことはみんな朝ドラが教えてくれた』に膝を打つ

本書の取材に応えている遠藤理史は、そのなかでは例外的な存在で、「君の名は」('91年)の助監督から、作品を追うごとに3番目の監督、2番目の監督、1番目の監督とステップを踏み、「ちりとてちん」ではついにチーフプロデューサーにまでのぼりつめた。そんな彼をして《朝ドラが50年も続いてきた理由は、ずっと面倒を見ている人がいないからということはあると思います》と語らしめる。《毎回、ライバルは、直前の番組だと思っていますから》という言葉もちょっと意外な感じを受ける。が、たしかに先にあげたような「カーネーション」と「梅ちゃん先生」の違いを見れば納得がいく。

「ライバルは直前の番組」ということは、各作品が独自性を持ち、前作がヒットしたからといって次回作でも同じ路線をとったりはしない、ということでもある。これが逆に二匹目のドジョウをねらって、しばらく似たような作品が続いていたのなら、朝ドラはここまで長くは続いていなかったのではないだろうか。

それでも朝ドラには絶対に変わらない部分がある。一部例外を除き女性が主人公であることや15分間という時間枠もそうだが、それ以上に重要なのは「家族を描く」ということだとスタッフ経験者らは口をそろえる(「第5章 朝ドラのはじまり」)。

《通常、テレビでは都会を描くことが多く、みんな見たり聞いたりして知っているのは、都会のことばかりですが、家族の在り方を描くことで、様々な地方のお祭りやことば、風俗を知る。ある種、日本人の『発見』ですよね》

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「連続テレビ小説 + まんぷく」のおすすめ記事

「連続テレビ小説 + まんぷく」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「連続テレビ小説」のニュース

次に読みたい関連記事「連続テレビ小説」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ひよっこ」のニュース

次に読みたい関連記事「ひよっこ」のニュースをもっと見る

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2012年10月12日のレビュー記事

キーワード一覧

  1. 連続テレビ小説 まんぷく

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。