review

猫大好き、でも猫アレルギー〈「演劇1」「演劇2」想田和弘に聞く2〉

猫大好き、でも猫アレルギー〈「演劇1」「演劇2」想田和弘に聞く2〉
眠る平田オリザ氏<br />演劇1 演劇2<br />監督、製作、撮影、編集:想田和弘<br />出演:平田オリザ 青年団・こまばアゴラ劇場の人々<br />10月20日よりシアターイメージフォーラムでロードショー 他全国順次公開
前編はコチラ

演劇人・平田オリザを4年にわたって追ったドキュメンタリー映画「演劇1」「演劇2」はとっても濃密。
演劇イコール虚業のイメージをもつ人も多い気がするが、演劇人平田オリザは、演劇をやってふつうに生活していくことを目指している。だから、演技だけではなく、お金のことも細かく管理している。街の小さな会社のように劇団員が日々コツコツと事務作業もしているのだった。
そんな彼らに不況の波がおそいかかる。
助成が減らされてしまうというピンチを切り抜けようと、劇団の長である平田は海外公演を行ったりロボット演劇を発案したり奔走する。
そんな様子を監督、想田和弘は丹念に追う。
結果、5時間42分の2部作となってしまった大作映画の中には平田オリザのほか、青年団の人々、政治家など魅力的な表情がたくさん。
ロボットや駒場周辺の猫たちも見逃せない。
いや、作為の見える人間たちより、無心のロボットや猫こそ安心するような気がしてきた。
想田はそれをどう思うのだろうか?

政治家は名優でなくてはならない!?

ーー平田オリザさんがお話上手であることがわかる映画です。政治家の方たちとのおつきあいの様子も映っていますが、演劇と政治って似ているところありますよね。
「ある意味、似てますよね」
ーー演出家も政治家もスピーチ上手ですよね。
「そのスキルがないと、演出家にも政治家にもなれない。人前で魅力的に振る舞う、つまり演じることも必須の技能。だから今回は、『ドキュメンタリーのカメラがいったい何を映せるか』がテーマになりました。僕はドキュメンタリーというものは『人間の素を撮るもの』だと思い込んでいたわけですが、次第に、『素なんてものは本当にあるの?』という考えにいきついてしまうわけです。第一、今こういうふうに僕自身インタビューに応えて話しているのも、どこまで素でどこまでパフォーマンスなのかって、よくわからないでしょう。僕にだってよく分からない。と、いう話さえ、実は僕は別のインタビュアーに対して既に何度もしているわけですよ。ハハハ、ハハハ」

あわせて読みたい

  • アンドロイド演劇「さようなら」の不思議な感動

    アンドロイド演劇「さようなら」の不思議な感動

  • ユーミンがいなかったら初音ミクは生まれていなかったかもしれない。帝国劇場でユーミンを観た

    ユーミンがいなかったら初音ミクは生まれていなかったかもしれない。帝国劇場でユーミンを観た

  • レビューの記事をもっと見る 2012年10月22日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース

    通知(Web Push)について

    Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。