bit

罫線が右上がり、形状が扇形のノート

罫線が右上がり、形状が扇形のノート
罫線が斜めってる。
小学生の頃、何かの授業でこんな実験を行ったことがある。目隠しをしたまま歩行し、ある程度行ったところでストップ。振り返り、自分は真っ直ぐ歩けているのか確認するという実験を。これ、大抵は無意識に右や左に寄っているもんで。あれ、不思議だよねえ。

話は変わるが、文字を書く際。もしも罫線のない真っ白なページに書き込むとしたら、どうなります? ハッキリ言って、とても真っ直ぐに書けたもんじゃない。
そこで、こんな新情報を。山梨県在住のある一人の男性が、超画期的なノートを生み出したのです。ノートの名は『伊葉ノート』。

では、どこがどう画期的なのか。まず、形が四角くない。どちらかと言うと、扇形だ。ということは、罫線も右上がりになっている。
まぁ、とりあえずは画像をご覧頂きましょうか。何とも風変わりじゃないですか? 既成概念をブッ壊しているもの。でも、どうしてこのような形状にしたのだろう。
「普段から、いいアイデアを思い付いたらキャンパスノートに書き留めるようにしていました。ある日もふとアイデアが思い付き、その時は辺りが暗かったのですが構わずにササッと書き留めたんです。そして翌日にノートを見返すと、字が曲がっていました」
お答えいただいたのは、『伊葉ノート』開発者の宮坂弥さん。世の中にない、全く新しいものを発明しようと日々悩んでいたが、思わぬところで新発明のきっかけに出会った。「罫線があるから真っ直ぐ書いてるけど、無かったらどうなるの?」と、気付いてしまったのだ。

あわせて読みたい

  • 自然の木の枝をそのまま鉛筆にしちゃった

    自然の木の枝をそのまま鉛筆にしちゃった

  • アイデアを引き出せるノート

    アイデアを引き出せるノート

  • 木をリアルに再現したノート

    木をリアルに再現したノート

  • コネタの記事をもっと見る 2012年10月25日のコネタ記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    コネタニュースアクセスランキング

    コネタランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    おもしろの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    コネタとは?

    B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

    その他のオリジナルニュース