review

中二病全肯定アニメ『中二病でも恋がしたい!』

伊集院光が最初に言った「中二病」って言葉、すっかり定着しましたねえ。
よくできた言葉ですよ。
確かに中2の時、思春期で一番面倒臭い14歳前後の時って、なーんか「俺は・私は人と違う」という自我がこじれて、変な方向に行っちゃうものです。

ただ、この「中二病」の言葉って使い方、なんとも難しい。
他の人が楽しんでいることに対して「それって中二病だね」と言ったら、それは傷つくもん。
逆に、そういう風に中二病的なことを小馬鹿にするのを「高二病」と読んだりなかなか大変。
難しいね。
もちろん、病気じゃないです。

今は、ぼくのなかでは「中二病」は愛すべき青春の1ページだと理解しています。
だってさー、みんな飲み会とかで中二病自慢や黒歴史トーク、楽しそうにするじゃないですか。
確かに通過して恥ずかしかったかもしれない。
けれどもその「中二病」的なことを、あんまりおおっぴらには言いづらいかもしれないけど、大好きなんじゃないか?
大好きだった自分のことは、否定できないよ。

『けいおん!』や『らき☆すた』などを作った京都アニメーションの新作は『中二病でも恋がしたい!』という、もうタイトルからしてズバリな作品です。
KAエスマ文庫という京都アニメーションから出ている小説が原作ですが、ちょっと流通が特殊でオンラインショップか一部取扱店のみ、通常の本屋さんでは売ってません。注意!
このタイトルを最初に見た時「中二病」をネタに笑い飛ばす作品なんだろうなー、まあ好きだけどなー、と複雑な気持ちでした。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る
お買いものリンク