review

じゃあゾンビ殺す商売でもやっか。40代無職だからキューバだから「ゾンビ革命」

キューバ初のゾンビ映画「ゾンビ革命―フアン・オブ・ザ・デッド―」が先週末から新宿武蔵野館他全国で公開されている。キューバといえば南国。青い海、白い砂浜に高い空。もう少し加えれば、葉巻に野球に渋い音楽、Tシャツによく印刷されてるチェ・ゲバラ。そして住んでる人はラテン系。そんなイメージだったので、きっとノリノリでゾンビをやっつけていくんだろうなと思ったら、それだけに収まらない良いゾンビ映画だった。

主人公のフアンは40代、無職。あくせく働くよりも最小限の努力で済ませるのをモットーに毎日マイペースで楽しそうに生きている。周りの友達もたいてい無職で、窃盗か詐欺でその日暮らし。町中を歩けば、大の男たちが昼間からバクチに熱中しているけど、誰も将来のことを考えて頭を抱えるわけでもなく、やっぱり楽しそうに日々を暮らしている。

だからゾンビが発生しても「もう終わりだ!」と絶望したり、「これからどうしよう」と頭を抱えたりしない。「じゃあゾンビ殺す商売でもやっか」と知り合いを集めて「愛する人、殺します。フアン殺人代行社」というキャッチフレーズで、ゾンビになった家族や友達を殺してお金をもらう会社を立ち上げる。電話で依頼が入ったら思い思いの得物を手に取って、みんなでゾンビを狩りにゆくのだ。

フアンとその仲間たちがゾンビをやっつけている姿は、イキイキしていて本当に楽しそうで、この映画一番のみどころだ。フアンはイカダをこぐのに使っているオールやブルース・リーの映画から学んだヌンチャクで殴り倒して、さらになぜか手裏剣で額を射ぬく。親友のラサロ(42歳、無職で小太り)はサトウキビを刈るナタで首を刈り、その息子のカルフォルニア(イケメン、観光客のナンパが仕事)は幼少の頃好きだった野球のバットで撲殺し、友達のチナ(オカマ)はきれいな脚を揃えてチアリーダーのように飛び上がりながらパチンコで目を射貫き、プリモ(マッチョ。血を見ると卒倒する)は目隠ししながら素手で首をひねる。強い日差しでカラカラに渇いた色調の街並みで、男たちが右へ左へ飛び回りながらゾンビを血祭りに上げていくのを見ていると、心の底からうきうきしてくる。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2012年10月29日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。